b1tournament-49
女子プロレストーナメントを勝ち抜き頂点を目指せ!
新人同士の女子ファイターの戦いとは言え侮れない、B-1の名に恥じぬ白熱の試合展開を見せた。目まぐるしく入れ替わる攻防戦。序盤はお互いに探り合い、力比べでは沢木選手が手綱を握ったようだったが、神田選手も負けじと反攻に出る。互いに関節技の応酬を行うことで相手の疲労を引き出しギブアップ、もしくはK.O.勝ちを狙う。常に積極攻勢をかけて引くことをせず刻々と変化するこの戦いは、己の集中力と体力の限界勝負でもある。最後に勝者となるのはどちらだ?
b1tournament-46
身長差15cm、体格差から巻き起こる攻防、競り勝てるのはどちらだ。
b1tournament-47
軋む四肢、歪む表情、苦痛に耐え、次戦へコマを進めろ!
b1tournament-48

 


B-1トーナメントFourth 1回戦第3試合

(アキバBV動画配信ページ)

●沢木えりか:169cm B90 W62 H95
●神田理央:154cm B84 W55 H85
●メーカー:バトル
●収録時間:46分
 

女子プロレス情報レビュー

 
今をときめく人気スター選手達だけで行われる、美しく気高い「B-1トーナメント」の第四回が開幕。前回はパンサー理沙子が制し、栄冠を手に入れた。今回も本トーナメントを優勝した者がそのままB-1ベルトを巻く資格を得る。この名誉と誇りの象徴である歴史あるベルトを手にするのは誰か?バトル最強の証、B-1女王を目指せ!
力比べでは高身長の沢木選手が圧倒的に優位。上から押しつぶすように神田選手を押さえつけていく。しかし神田もこれしきで怯むわけにはいかない。小回りを活かして執拗に沢木選手の関節を攻めてダメージを与える。狙うは得意技のVクロスからのギブアップか、それとも別の極め技が披露されるのか?対する沢木選手は神田選手を圧迫して窒息攻撃で落としにかかる。ここは失神からのK.O.勝ちといきたいところだが、どちらに軍配があがる?勝利の行方をお見逃しなく!

 

 

タグ
  • トラックバック