lesbianfight-1
女子プロレズファイトとは、プロレス技とレズ技テクを駆使し、相手をイカせた方が勝利を得る闘い。この壮絶な女子バトルで重要なことは精神的に相手を屈服させるということ。イカされても心が折れていなければ、自分の闘いの炎が消えていなければ、一度イカされた相手に再挑戦しリベンジを挑めるということ。しかしそれを相手に認めさせるにはそれ相応の代償、例えば土下座などが求められる。お互いプライドを賭け、死力を尽くした闘いの末、心身ともにイカされてしまうのは果たしてどちらだ?
lesbianfight-2
赤色コスが「美月」、そして青いコスが「柴咲みく」とものルックスは抜群の美女レスラー同士の一戦。
lesbianfight-3
lesbianfight-4
より精神的に相手を追い詰めることに主眼を置いた闘いに勝利するのはどちらだ?
lesbianfight-5

 


女子プロレズファイト1

(アキバBV動画配信ページ)

● 美月:157cm B93 W68 H93
● 柴咲みく(藤本美沙):161cm B89 W60 H88
● メーカー:スーパーソニックサテライツ
● 収録時間:49分

パワーに勝る柴咲が格闘面では優勢となる場面が多いこの試合、美月はどのようにエロ技を織り込み勝機をつかむのか?ヘッドシザースで相手の動きを封じ込め、手で股間を愛撫するという複合技を仕掛ける柴咲。この反撃・脱出が難しい体勢から美月はどのように反撃に転じるのか?

がっぷり四つに組んだ69で責め合う美しき美貌の女子レスラーの2人。セオリーでは上から責める方が有利といわれる体勢だが、柴咲も負けじと下から反撃する。美月はこの有利なマウントポジションからどのように責めていくのか。変則のアンクルホールドを仕掛けつつ股間を執拗に愛撫する柴咲。

SSSのリングに久々に登場した「柴咲みく」
前回登場時とは比べ物にならないほどパワーアップしており心技体が充実している。強敵相手の今回の闘いに満を持しての出撃となった。洗練されたエロテクニックで相手を心身ともにイカし倒せ。

真・百合勝負1でSSSの中堅ファイター「美月」
前回の試合では香椎りこを一片の曇りもないレズテクニックで完膚なきまでに叩きのめした実力者。相手は更に強化されるが、その鍛え上げたテクニックは留まるところを知らない。連勝してSSSの主役へと躍り出るか?