カテゴリー:BATTLEエクストリームトーナメント2015の記事一覧

お色気女子プロレス動画マニア

ちょぴりエッチな女性同士のアダルトな、お色気たっぷりキャットファイト格闘動画の紹介です。

  • BATTLEエクストリームトーナメント2015
カテゴリー:BATTLEエクストリームトーナメント2015
ロリフェイス若月まりあ BATTLEエクストリーム2015 決勝戦

エクストリーム決勝に相応しい危険な女たちの対決、過激な女王の座は果たしてどちらだ?

◆動画掲載コメント
戦国乱戦が続く2015年度エクストリームトーナメント、幾多の名勝負を繰り広げながらついに決勝まで辿り着いた2人の女子レスラー。過酷なトーナメントを勝ち抜き、食い下がる対戦相手を無情に叩き潰してきた2人の猛者同士の対決。過激すぎる本大会トーナメントの女王が今日決定する。無慈悲で残酷な覇者にふさわしいのはどちらだ?
extremetournament-68
残酷な暴走狂犬ロリータ vs 無慈悲な美しき女豹
extremetournament-69
赤いコスが狂気のサディスティックロリータ、若月まりあ。
extremetournament-70
黒いコスが蝶のように舞い蛇のように噛むコブラツイスト、内村りな。
extremetournament-71

 


BATTLEエクストリームトーナメント2015 決勝戦

(アキバBV動画配信ページ)

● 若月まりあ:身長162cm B82 W56 H89
● 内村りな:身長160cm B87 W59 H85
● メーカー:バトル
● 収録時間:84分

2015年エクストリームトーナメント決勝!
若月まりあは、可愛らしいロリフェイスながら相手を罵倒し言葉で責めるのが好きなドS系選手。準決勝では、プロレスの格闘技では彼女を上回ると思われた星野七海を凶器攻撃で撃破。それだけに止まらず、執拗に相手の足を攻撃して病院送りにして、ただの小悪魔チックなイジワルなだけでは無く彼女の真の恐ろしさと止まらない狂気を知らしめた。この試合により彼女の評価が一変することになった。

対戦する内村りなは、正統派プロレスリングのエース候補として将来を嘱望されるベビーフェイス。その完成された戦いぶりは華麗でファンを魅了する。しかし一度切れると手が付けられない激情の性格で、反則もやられたらやり返す、そして必ず倍返し以上に痛めつける容赦の無さ。一回戦では白井まいを、準決勝では通野未帆を、肉体的にも精神的にも徹底的に痛めつけて完全勝利。正統派としての実力だけでは無く、むしろ内に秘めたラフファイトの狂気を見せつけた。

8名の精鋭により幾多の過激かつ激しい闘いを繰り広げてきた今年のトーナメント決勝は、まさにエクストリームに相応しい無慈悲で残酷な2人の女子レスラーがぶつかる。目には目を、歯には歯を、凶器には凶器を!大会史上もっとも非情な二人の対決となる。

 

 

BATTLEエクストリーム2015 準決勝第二試合 通野未帆vs内村りな


女子プロマット界で最も注目を浴びている二人がトーナメント準決勝で激突する!
可愛らしいベビーフェイスの二人だが、ベビーというよりはアンチヒロイン同士の対決というべきだろう。悪を成敗するためならば何でもやると言う通野未帆、ベビーだけど熾烈な性格はヒールに属する内村りなの対決は、喧嘩上等・反則スレスレのまさしくエクストリームな激闘が待っている。準決勝で当たるのが惜しまれる二人の戦い。波瀾を予感させるこの試合、果たしてどんな結末を迎えるのか?
extremetournament-63
危ないダークヒロインvs無慈悲なアスリート、正邪を併せ持つ二人の激闘が繰り広げられる。
extremetournament-64
白いコスチュームが通野未帆、黒のコスチュームが内村りな。
extremetournament-65
ルックスは爽やか正統派美女レスラーなれど一筋縄ではいかない二人だ。
extremetournament-66

 


BATTLEエクストリームトーナメント2015 準決勝第二試合

(アキバBV動画配信ページ)

● 通野未帆:160cm B87 W59 H85
● 内村りな:160cm B87 W59 H85
● メーカー:バトル
● 収録時間:74分

通野未帆は、幼い頃からテレビで見た正義のヒロインに憧れていたベビーフェイス。しかしBATTLEでのデビュー戦で対戦相手から凶器を使った反則攻撃を受け、ヒール選手への憎悪がたかぶる事になる。また過激で露出度の高いコスチュームやトップレスの選手をもプロレスマット界の風紀を乱すとして敵視する。彼らをを成敗してBATTLEに正義と平和をもたらす目的でトーナメントに参戦してきた。一回戦では、トップレスの奥菜アンナ選手を”悪”と断じ、正義のはずの通野は、自らが凶器反則を用いて相手を打ち倒してしまう。悪を倒すためならば手段は問わない、と偏見に満ちた思考を持つ通野は、正義のヒロインというよりダークヒロインである。

対戦相手の内村りなは、その類まれた資質の高さから次世代のエース候補として期待されたホープ。ただ強いだけでは無く、ベッカムのように美しく華麗に勝つことを信条としており、そのリング上での戦いぶりは見る者を魅了してくれる。しかし可愛いルックスには似つかわず、対戦相手の反則攻撃には喧嘩上等でやり返し、無慈悲なまでに相手を叩き潰す過激な感情の持ち主で、ベビーとヒールの垣根を越えた激情の女子レスラーである。

 

 

バトル女子プロレス・エクストリーム2015 準決勝第一試合 若月まりあvs星野七海

おっぱい丸出しトップレスvsセクシーコスチューム、実力は折り紙つきの屈指のパワーファイターと、ドSすぎる暴走狂犬ロリータの果てしない死闘を見よ。
extremetournament-58
◆動画掲載コメント
エクストリームトーナメント一回戦が全て終了し、準決勝に勝ちあがる4名の猛者が決定した。勝ちあがった精鋭の4名には、さらなる過酷な闘いが待ち構えている。準決勝の第一試合ではタイプの違う二人の選手がぶつかり合う。星野七海選手は一回戦で見事に勝利しトップレス卒業となったはずだが、今回の試合でもトップレスで試合に挑むことを決意。かつて傲慢さと油断で敗北した過ちを二度と繰り返さぬため、試合に集中するためにトップレスを続けるというのだ。

トップレスが星野七海。しかしルックスは若月まりあが断然上だ。
extremetournament-59
トップレスの道を選んだパワーファイターvsサディスティックな狂犬ロリータの激闘が繰り広げられる。
extremetournament-60
タイプの違う二人が激突する。果たして決勝に勝ちあがるのはどちらだ。
extremetournament-61

 


BATTLEエクストリームトーナメント2015 準決勝第一試合

(アキバBV動画配信ページ)

●若月まりあ:157cm B85 W58 H86
●星野七海:154cm B84 W58 H85
●メーカー:バトル
●収録時間:72分

星野七海選手いわく、トップレスこそ己の肉体のみで闘うストロングスタイルであるという。彼女の言葉通り、おっぱいだけでは無く、彼女の優れた格闘センスを見て欲しい。屈指のパワーファイターで大技を繰り出す能力は優勝候補の一人に挙げられる。対戦する若月まりあ選手は、可愛らしいベビーフェイスだが、小悪魔な笑みを浮かべたドSな性格の持ち主で、華奢な身体ながらも、その体格的なハンデを凶暴さでカバーしている。ヒール不在のBATTLEマットにおいて貴重な存在である。一回戦では京野結衣とセクシーコスチューム同士の対決となったが、見事に試合を制した。

純粋なプロレスラーとしての格闘センス、実力では星野七海が上回るが、若月まりあは凶暴性や反則攻撃を得意としている。しかし星野は、純粋にレスラーとしての実力のみで戦える破壊力を持っているし、一回戦でも相手の凶器反則をモノともせずに勝利を収めている。一方の若月はエクストリームルールを味方につけて、いかに凶暴性を発揮してアウトローな展開へ持ち込むことが勝利の鍵となるであろう。

 

 

BATTLEエクストリーム2015 一回戦第四試合 白井まいvs内村りな

一回戦でどちらかが敗退するのが勿体ない実力者対決、剥き出しの闘志のブツかり合いは荒々しい凶器反則攻撃にまで発展する死闘の様相へ、これがエクストリーム!

◆動画掲載コメント
トーナメントも一回戦第四試合。一回戦の最後を飾るのにふさわしい心身ともに充実した実力派の二名の女子レスラーが準決勝進出を賭けて闘う。この才気溢れる二人がお互い意地と誇りを賭けてガチンコ勝負を見せる。甘いベビーフェイス同士ではあるが、その闘志が爆発し凶器反則をもいとわない過激な死闘の展開を演じる。しかしベビーフェイスもヒールも関係ないのだ。これは嵐のエクストリームトーナメントなのだから!
extremetournament-53
実力派レスラー同士のプライドを賭けたガチンコ対決。一回戦の最後を飾るに相応しい激闘が繰り広げられる。
extremetournament-54
紫色コスが内村りな、白紺コスが白井まい。
extremetournament-55
エクストリーム王座挑戦にふさわしのいは誰だ、まだ見ぬ強者を求む!
extremetournament-56

 


BATTLEエクストリームトーナメント2015 一回戦第四試合

(アキバBV動画配信ページ)

●白井まい:157cm B85 W58 H86
●内村りな:154cm B84 W58 H85
●メーカー:バトル
●収録時間:57分

まずは清々しい表情を見せる白井まい選手。彼女は新人王争奪トーナメントには選出されなかったものの、デビューとなる男子レスラー相手のMIX戦で見事なブレーンバスターやシャイニングケンカキックを披露するなど類まれなる格闘センスと資質の高さを見せつけて見事勝利を飾る。もし彼女が新人トーナメントに参戦していたら、台風の目となっていてもおかしくは無いだろう。今回、エクストリームトーナメントへ選出が決まり優勝候補の筆頭ともいえる存在だ。まだその真価をすべて見せていない影の実力者が、いよいよその優れた才能と実力を発揮する時がやってきた。

対戦するは内村りな選手。先日デビューしたばかりのフレッシュな新人選手だが、トーナメント参戦のためにバトルがスカウトしてきた期待のホープである。男子相手のMIX戦でも互角に渡り合い、その卓越した身体能力とテクニックで、華麗な技の数々を見せつけファンを魅了する。その格闘センスは新人離れしており今後が期待できる逸材だ。男子選手に徹底的な腰破壊攻撃を受けたが幸い大事に至らず、無事にトーナメントへ参戦を果たす。本大会の優勝候補に挙げられるほどの実力者二人がいきなり一回戦で激突する。どちらかが一回戦で散ってしまうのが非常に勿体無い対決なのだ!