カテゴリー:ギブアップを奪えの記事一覧

お色気女子プロレス動画マニア

ちょぴりエッチな女性同士のアダルトな、お色気たっぷりキャットファイト格闘動画の紹介です。

カテゴリー:ギブアップを奪え
清美奈央vs吉田花 ギブアップを奪い、そして耐え抜け!! Vol.3

相手のプロレス技に耐え、プライドと苦痛の間で葛藤する女子レスラーの喘ぎ乱れる姿を見よ!

◆動画作品情報
リング上で女子レスラー2人がお互い交互に固め技、関節技を掛け合い、相手からギブアップを勝ち取るか、それとも苦痛に耐え凌ぐか、という勝負。攻撃権はそれぞれ6回ずつ、1回の攻撃時間は3分間で、最終的に相手から奪ったギブアップの総数で勝敗を決める。相手に技を極めたところから3分間の試合がスタート。自分の得意技で一気に勝負を決めてしまえ!体力と精神力、そして忍耐力で苦痛に耐えながら美しき叫び声をあげる女子レスラーの姿がここに!
giveup-11
水色のリングコスが吉田花、赤いリングコスが清美奈央。
giveup-12
giveup-13
関節は軋み、苦悶の声が漏れる!!ギブアップを奪い、そして耐え抜け。
giveup-14

 


ギブアップを奪え!! Vol.3

(アキバBV動画配信ページ)

●清美奈央:162cm B86 W63 H86
●吉田花:165cm B88 W58 H84
●メーカー:バトル
●収録時間:52分

GiveUPorWinner!
相手のプロレス技を受けたところから試合が始まる。この危機的状況から脱出する体力、そして苦痛に耐える精神力が問われる最も過酷な競技なのである。

~ルール~
攻撃権をそれぞれ六回持ち、交代で技を掛けていく。制限時間は一回につき三分。この間にギブアップを取った者、もしくは耐え切った者に一ポイントが与えられ、最後に総合ポイントが多い者が勝者となる。

圧倒的不利な状況を克服しろ!
互いに自分の得意な極め技を使い、相手を苦しめギブアップないし失神させようと攻める。性格通り、強気に清美を攻める吉田に、不敵な笑みを浮かべS性をちらつかせる清美。攻めることは好んでも、相手に攻められギブアップを取られることなど耐えられない2人が女の意地と誇りが交錯する。腕や背骨を弓形に反らしたり腹や喉元を圧迫させたり…どんな汚い手を使っても相手を降伏させてみせる。回数を重ねるたびに絶叫は大きくなっていく。

 

 

女子格闘ギブアップを奪え!! Vol.2 矢倉なな vs 夏木千絵

負けられない女同士のプライド、体力と精神力でキツい技を耐え抜いて圧倒的不利な状況を克服しろ!

◆動画作品情報
若い女子レスラー2人がお互いにプロレス技を掛け合い、相手からギブアップを勝ち取るか、苦痛に耐え切ることができるのかという勝負。攻撃権はそれぞれ6回ずつ。1回につき制限時間は3分まで、相手の攻撃に耐え切った数やギブアップの奪取数で勝敗を決める。まず片方が技を極めたところから試合がスタート。自分の得意技で勝負するのか?相手のウィークポイントを徹底的に責めるのか?体力と精神力と忍耐力でギブアップを耐えながら悶える若き美しい女子レスラーの姿がここにある!
giveup-6
ルールは攻撃権をそれぞれ六回持ち交代で技を掛けていく。攻撃時間は一回につき三分。この間にギブアップを取った者、もしくは耐え切った者に一ポイントが与えられ、最後に総合ポイントが多い者が勝者となる。
giveup-7
青いコスチュームが夏木千絵、紺色コスが矢倉なな。
giveup-8
プライドと苦痛の間で悶え苦しみ葛藤するフレッシュ女子レスラーの美しき姿!
giveup-9

 


ギブアップを奪え!! Vol.2

(アキバBV動画配信ページ)

●矢倉なな:165cm B82 W57 H83
●夏木千絵:153cm B98 W65 H90
●メーカー:バトル
●収録時間:48分

相手に固め技を極められたところからプロレス勝負は始まる。これは圧倒的不利な状況から自分の身を守る防御する体力、そして苦痛に耐え凌ぐ我慢と精神力が問われる過酷なレスリング競技なのである。制限時間は一回につき三分。ポイント制で勝負は決まるGiveUPorWinner、ギブアップを奪い、そして耐え抜け!

高身長と長い手足を武器に全身を締め上げるパワフルな大技を連発する矢倉に対し、その長い手足を逆に利用し個々の関節を執拗に細かく狙う戦略に出た夏木。地獄の3分間、身体は軋み、関節は限界まで曲げられ折れる寸前で耐え抜く。不自然に歪んだ身体、悶絶しながら技を耐える。激しい試合が進むに連れて一進一退の攻防で2人の体力は失われ、お互い気力とプライドだけで相手の技を耐えようとする。苦痛に打ち勝とうと失神寸前の苦痛を耐え抜きながら悶絶する声は大きくなる。この女の意地のぶつかり合い、技地獄で勝利するのはどちらのレスラーなのか?

 

 

ギブアップを奪え!! Vol.1 小泉まりvs桃井はるみ格闘バトル!

プロレス技をかけてギブアップを奪い、そして歯を食いしばり耐え抜け!

 
◆動画掲載コメント
お互いにプロレス技を掛け合って相手からギブアップを奪うことで決まるこの勝負は相手に掛ける技や体格だけでなく、苦痛に耐えることへの精神力も問われる。攻撃権をそれぞれ六回持ち、交代で技を掛けていく。制限時間は一回につき三分。この間にギブアップを取った者、もしくは耐え切った者に一ポイントが与えられ総合ポイントが多い者が勝者となる。

花柄レスラー桃井みはる。濃紺スク水着レスラー小泉まり。

技の掛け合い、ある意味ゲーム感覚ですね。

 


ギブアップを奪え!! Vol.1

(アキバBV動画配信ページ)

●小泉まり:159cm B80 W60 H91
●桃井みはる:169cm B94 W65 H92
●メーカー:バトル
●収録時間:50分

女子レスラー2人が共にプロレス技を掛け合い、相手からギブアップを勝ち取るか、それとも苦痛に耐え切ることができるのかという勝負。攻撃権はそれぞれ6回。1回につき制限時間は3分で、最終的に耐え切った技の数やギブアップの奪取数で勝敗が決まる。技を受ける回数が増えれば増えるほどに体力は失われ、残りは忍耐と精神力との勝負となること必至!

仰け反る身体、逆方向へと反らされる腕や脚、圧迫される喉や胸。肉体の軋む音と堪えきれなかった声が喉の奥より搾り出される。小泉は足4の字や逆エビ固めで桃井の長い脚を逆手に取り、桃井は小泉の身体を圧迫したり、アルゼンチンバックブリーカーなどで小泉の背骨を無慈悲に痛めつける。
身体の痛みに苦悶の声は次第に大きくなり、疲労と限界の色が双方の顔に濃くなってゆく。一進一退、この辛い状況を最後まで耐え抜けるのはどちらだ?