パンくずリスト
  • ホーム
  • BATTLEエクストリームタイトルマッチ
カテゴリー:BATTLEエクストリームタイトルマッチ


BATTLEエクストリームタイトルマッチ volume.9
実力も華も兼ね備えたスーパースター浜崎真緒にとって初の防衛戦の相手は、残酷で非情な悪の華・葉月もえ。乱戦必至のエクストリームタイトル戦に相応しい相手である。偶然にも二人はトーナメント戦では準優勝同士。優勝の栄光は掴めなかったが、ベルトを持つには相応しい実力を示したといえる。ここで二人がぶつかり合うのは運命と呼んでも過言ではないだろう。両者共に美形でスタイル抜群というビジュアル的にも最高のタイトル戦。攻撃的な性格の二人だが、今回はどのような熱いドラマが待ち受けているのだろうか。

浜崎真緒 プロレス
茶髪ギャル系の真っ赤な衣装が浜崎真緒。黒いシックな衣装は葉月もえ。
葉月もえ プロレス
麗しき美貌と抜群のスタイルを誇り、もはや実力でも申し分ない二人。

最後は意外な結末を迎える刺激的な試合。

 

● 作品名:BATTLEエクストリームタイトルマッチ volume.9
● 浜崎真緒:165cm B85 W59 H84
● 葉月もえ:154cm B86 W59 H85
● メーカー:バトル
● 収録時間:92分
 

女子プロレス作品情報

 

王者のベルトを持つ浜崎真緒は決して人気・ルックス先行のファイターではなかった。強豪がひしめくBATTLEマット界において苦難の道を歩まされ、実力と天才的なセンスを持って栄光を掴みとったのである。練習にも熱心で次々とオリジナル技を編み出していき、その魂を揺さぶる戦いぶりで華麗で見る者を魅了する。まさに新世紀スーパースターとして誰もが認める存在になりつつある。
そして挑戦者の葉月もえは、現在最も凶悪で恐ろしい、しかも間違いなく強いヒールの女王である。かつては凶器・反則攻撃ばかりに頼りっ放しだったが、今の彼女は以前とは違う。女子プロレスラーとして着実に実力を蓄えて、正統派スタイルだけでも相手を撃破できる技術を身に付けている。この試合でベルトを手に入れて自身の評価を確固たるものにしたいところ。
それぞれの思惑を胸に試合のゴングは鳴る。豪華な対戦カードが組まれたエクストリームバトル。可愛らしい顔して凶悪な小悪魔たち。この激闘を制するのはどちらの選手なのか。

 

 


美女たちの興奮度MAXの限界突破プロレスリング
念願のベルトを獲得した女子レスラー江上しほ。難易度が高い大技も飛び出す実力者である。しかしその後は思ったほどの活躍は出来ずに惜敗が続く彼女。焦りが隠せない江上しほは、次の挑戦者として最凶最悪のヒールと恐れられる涼海みさを指名した。なぜ不調のチャンピオン江上しほは、あえて今、最も勢いに乗る凶悪ヒールを挑戦者として指名したのか。何か深い理由があるのだろうか。深い詮索は無粋と言うものだが、これは明らかに自殺行為に等しい。

赤いリング衣装がヒールレスラー涼海みさ。黒い衣装は江上しほ。

実力派レスラー同士の女子プロレス。難易度の高い大技を見せつける。

超本格的なプロレスファイトを展開し、汗を流して激闘を繰り広げる。

 


BATTLEエクストリームタイトルマッチ volume.6

(アキバBV動画配信ページ)

●涼海みさ:151cm B88 W58 H88
●江上しほ:158cm B92 W66 H84
●メーカー:バトル
●収録時間:76分
 

女子プロレス情報レビュー

 

前回の日高結愛を迎えての一戦では、全く何も出来ずに惨敗した江上しほ。もはや王者としての資格が無いと言われても当然だろう。しかし今の彼女の状態を見るとだいぶ身体が絞り込まれており、かなりの猛特訓を積んできたのであろう。今回のコンディションは万全だ。
迎え撃つ相手の涼海みさは、今もっとも勢いに乗る選手。独特の世界観と抜群の自己表現力を持つ涼海みさ。ネイキッドの強豪レスラー阿部乃みく撃破して反バトル連盟内での地位を揺るがないものとしている。さらにヒールの域を昇華して変態ドSっぷりを発揮する危ない女である。美人レスラーとは思えないエロ過ぎる貫録を見せつける。もちろん得意のスープレックスも健在である。
しかし、江上しほには自信があるのだろう。今までの不調など感じられないようなキレの良い動きと技を見せている。ここで強豪ヒール涼海みさをマットに沈めて、一気に汚名返上の機会を狙っているに違いない。最悪の挑戦者を迎えた江上しほ、果たして闘いの結末は如何に?

 

 


栄光の美女レスラーと恥ずかしいトップレス、対照的な二人が激突する
スーパールーキーと謳われた江上しほを撃破して第三代エクストリーム王座に輝いた若月まりあ。小悪魔な魅力のドSファイターは勢いを増し、なんと反バトル連盟入りを宣言する。しかし傍若無人な振る舞いは組織内でも禍の種をまき散らし、ライバルであった阿部乃みくを破り反バトル連盟の共同リーダーに就任する。江上しほは、しばらくバイトが忙しいのか沈黙を保ったまま表舞台から遠ざかっていた。だが若月の「トップレスになったら再戦してもいい」と言う言葉のままにタイトルマッチへの再挑戦のため、トップレス女子になる事を誓う。若月まりあの方も約束通りに江上との再戦に応じ、2人のタイトルマッチ第二戦が行われることになった。

トップレスになる恥辱を忍び、若月まりあへのリベンジを誓う江上しほ。

連戦連勝中で調子の乗る若月まりあを止める事は出来るのか?

最近まったく良いところ無い江上しほ、このまま墜ちていってしまうのか?

 


BATTLEエクストリームタイトルマッチ volume.4 リベンジマッチ

(アキバBV動画配信ページ)

● 若月まりあ:162cm B82 W56 H84
● 江上しほ:158cm B92 W66 H84
● メーカー:バトル
● 収録時間:76分
 

女子プロレス情報レビュー

 
スーパー女子ルーキーとして世間を風靡した江上しほ。圧倒的な武力を背景に新人王を獲得するに至った。しかし先輩格の若月まりあに屈辱的な惨敗を喫した経緯がある江上しほはリベンジに燃える。果たして念願のエクストリーム王座を手にすることが出来るのか。それとも連戦連勝、まさに無敗の暴走女王である若月まりあが、今回も江上を返り討ちにするのか?美人ドSの若月まりあvsトップレス江上しほ、対照的な2人が再び雌雄を決する。
バトル・反バトル連盟どちらにも禍をもたらす暴れん坊将軍の若月まりあの暴走を、江上しほは止められるのか、反バトル連盟のリーダーとなった狂気の女王は、恥かしいトップレス江上を小馬鹿にしながら返り討ちにして無敗伝説を続けるか。ファンや視聴者の興味は尽きない女たちのバトルが繰り広げられる。実力者2人が真っ向勝負を挑み、この特別な試合を作り上げている。シーソーゲームの果てに起こる結末は?

 

 


反バトル連盟女子レスラーたちの熾烈な潰し合い。
昨年行われたエクストリーム王座戦において、凶器反則攻撃を駆使した残忍な闘いの末、強豪の江上しほを打ち倒した小悪魔ヒールの若月まりあ。しかし新王者となった若月まりあは、ベルトを手にした直後にバトルプロレス界を離脱し反バトル連盟入りすることを宣言する。総本山バトルの現役王者とベルトが流出するという思わぬ事態に陥ってしまった。現在ベルトは、反バトル連盟のものとなっている。だが反バトル連盟の方でも複雑な事情が絡み合っているようだ。

若月まりあ プロレス
青いコスが阿部乃みく、黒いコスは若月まりあ。

バトルから流出した王座のベルトを、反バトル連盟の選手の間で競い合う。
阿部乃みく プロレス
仲間なれども情け容赦は無用、最強戦士は一体誰なのか?!

 

● 作品名:BATTLE エクストリームタイトルマッチ Volume.3
● 若月まりあ:162cm B82 W56 H84
● 阿部乃みく:155cm B80 W60 H83
● メーカー:バトル
● 収録時間:80分
 

女子プロレス情報レビュー

 

バトルプロレス界の人気アイドルであり、現役チャンピオンの引き抜きに成功した反バトル連盟は祝杯ムードに包まれていた。早速、若月まりあの持つベルトを賭けたタイトルマッチが行われ、連盟のリーダーである阿部乃みくが挑戦することになる。これはエクストリームのベルトは連盟のもの…というバトルを完全に無視した一方的な意思表示であった。
確かな実力を持つ若月まりあの存在は連盟にとって大きな力ではあるが、同時に禍をもたなす火種となる可能性もある。リーダーとして実力はあれど、決して表舞台に立たなかった阿部乃みく。新入りながらも現役エクストリーム王者の若月まりあ。組織内のパワーバランスが崩れかけている。若月まりあは、反バトル連盟の救世主となるか?それとも暴君として君臨する禍の種となるか?今後の反バトル連盟の方向性そのものにも影響を与えるかもしれない決戦のの試合が始まる。