extremetournament-23
緊急事態発生!彩月みほを襲撃したテロリスト小司あん、トーナメントを乗っ取るか?
女子レスラー「小司あん」は、BATTLE新人王座獲得トーナメントそのものに否定的であった。たまたま新人トーナメントが行われる時期にデビューした4名だけで新人王を決定するのはいかがなものかと。他にも新人王にふさわしい選手がいるのではないかと。確かに、「羽月希」もデビューが遅れたためトーナメントに不参戦。その他にも「武藤つぐみ」や「みおり舞」が参戦していたら優勝していた可能性は高い。小司もデビュー時期の都合で新人王にもB-1にもエクストリームにも参戦できなかった。弱い選手だけが揃った新人王に何の勝ちがあるのか?
extremetournament-24
左が羽月希、右が小司あん。小司あんの横顔が、ギルガメの「城麻美」に似ている
extremetournament-21
取り返せない緊張感で闘いの中身は次第に濃くなっていく。
extremetournament-22

 


BATTLEエクストリームトーナメント 準決勝第一試合

(アキバBV動画配信ページ)

● 羽月希:154cm B88 W60 H84
● 小司あん:149cm B82 W60 H85
● メーカー:バトル
● 収録時間:67分
 

女子プロレス情報レビュー

 
そこで小司あんは、より新人王にふさわしいと思われる羽月・武藤・みおりが参戦中のエクストリームトーナメントを乗っ取り、彩月みほの代わりに参戦して、エクストリーム王座を決めると同時に真の新人王を決めるというのが目的であった。もちろん自分が勝ちあがって優勝することを前提に。
そして先日、小司あんに襲撃を受けた羽月希。強襲され痛めつけられた挙句、せっかくトップレスを卒業したにも関わらずリングコスチュームを小司に奪われてしまった。羽月希の哀しみ、憎しみは、トップレスでデビューして敗戦した屈辱のあの日をも超えるものだった。しかし、この憎しみがまた羽月の闘争本能を燃やしたのである。小司にリングコスチュームを奪われたにも関わらず、主催者側からは代替のコスチュームは用意されず、今まで着けていたTバックショーツ一枚で、またもやトップレスで戦うことを余儀無くされた羽月希。運命の女神に見放された悲劇の女王、今回はどんな試練が彼女に待ち受けているのか?

 

 

  • トラックバック