カテゴリー:VLACK FLAG
ホームPage 1 / 212

vlackflag-65
同期アイドル女子レスラーの対戦、負けられない互いのプライドが激突する。
その美しいビジュアルの高さからデビュー直後から注目されていた煌星セイラと真琥。どっちも可愛いぞ、君はどちらを応援する?この2人は同時期ライバルとして互いに意識しあい成長を続けていた。勝負への執着心が強い真琥は「東洋の魔女」と呼ばれ、凛とした表情はカリスマ性を放っていた。一方の煌星セイラは、明るい笑顔でアイドル性があり「女子プロレス界の輝く星」と呼ばれ熱狂的な男性ファンに大人気である。ともに女子プロレス界を代表するスター選手だったが、ある時、真琥は怪我で数シーズン欠場を余儀なくされる。
vlackflag-66
2人ともルックスは高い新人女子レスラー、今後の活躍が期待されます。
vlackflag-67
白いコスが木下寧々、派手な紫コスが石田結衣。
vlackflag-68
敗者にはエロスの制裁、アダルト女子プロレスの結末や如何に!
vlackflag-69

 


VLACK FLAG VATTLE 0007

(アキバBV動画配信ページ)

●煌星セイラ(木下寧々):160cm B88 W59 H85
●真琥(石田結衣):160cm B88 W60 H93
●メーカー:VLACK FLAG
●収録時間:51分
 

女子プロレス情報レビュー

 
スター選手の片翼を失い女子プロレス人気が傾くと思われたが、アイドル・煌星セイラが美しく華麗な戦いを繰り広げて人気を保っていた。さらに抜群のルックスを活かしてリング外ではテレビメディアにも進出する。多忙を極め、まったく休みもなくリング内外で活躍していた。
そして真琥が怪我からリングに復帰。その実力はやはり本物で、敵を蹴散らし快進撃を繰り広げた。そしてついに頂上決戦、同期ライバルの煌星セイラとの一戦が実現する。闘いにストイックな真琥は、煌星セイラのことを認めていなかった。自分が怪我で不在だったから活躍できただけ、そう言い切る。しかしプロレス界を今まで引っ張ってきた煌星セイラにとっては意地でも負けられない大事な一戦。龍虎演舞、ピリピリした緊張が張りつめるリング上。
ついに闘いのゴングが打ち鳴らされ、お互いのプライドを賭けた同期ライバル対決が火花を切って落とされた。互いに知り尽くした2人の戦いだが、煌星は自分の得意技のエルボーやチョップで真向から向かっていく。真琥はその煌星の攻撃を封じようと右腕を狙って攻撃を加える。激闘の行方は果たしてどうなる?

 

 

カテゴリー
タグ
  • トラックバック


敗者にはエロスの制裁、アダルト女子プロレスの結末や如何に!
女子プロマットにデビューして12年、今では人気実力共に女子プロレス界を牽引していると言っても過言ではないマーメイド葉月。今では円熟味を増し格闘技術だけでなく女性としての魅力も増していた。そんな彼女に嫌気が差していたのが、デビューわずか1年にも関わらず総合格闘技を駆使し勢いに乗るギャル系のビジュアル女子レスラー大道麗美子「いい歳して何がマーメイドだよ。おつかれ~って感じ」と完全に先輩を舐めきっていた。アイドル女子レスラーとして成熟したマーメイドに若き新人暴走レスラー大道麗美子が牙をむく。

白いアイドルコスチュームがマーメイド葉月(竹内かすみ)

派手なギャル系コスチュームが大道麗美子(向井和音)

ギャル系女優の向井和音、ネット上では詳細な情報は見当たらなかった。

 


VLACK FLAG VATTLE 0006

(アキバBV動画配信ページ)

●マーメイド葉月(竹内かすみ):161cm B82 W58 H83
●大道麗美子(向井和音):-cm B- W- H-
●メーカー:VLACK FLAG
●収録時間:40分
 

女子プロレス情報レビュー

 
シリーズ最終戦に組まれた両者の対戦マッチでは、試合前のマーメイドに大道がいきなり奇襲を仕掛け、そのまま大道の得意技のハイビジュアルボムで丸め込まれ24秒でスリーカウントを奪われてしまう。卑怯な戦いに憤慨を露わにするマーメイドは2人だけでの再戦を要求する。
その夜、誰もいない道場で再び対峙する2人。完全に先輩を舐めている大道は再度奇襲を仕掛けるが、今度は読んでいたマーメイドが大道に反撃を開始した。打たれ強さが取り柄のマーメイドは、大道の打撃技にも怯まず前に出てプロレスの技術で大道を追い詰める。マーメイドの得意技フットスタンプが決まり、勝負あったかと思われた瞬間、大道の必殺技トライアングルDIVAが炸裂する。悶絶するマーメイドにさらにバックマウントポジションからの強烈なパウンドが突き刺さりマーメイドの悲鳴が無人の道場に響き渡る。試合後、リング上でさらなる惨劇が行われた。

 

 

カテゴリー
タグ
  • トラックバック

vlackflag-16
ルックス抜群の二人のアイドルファイター同士が激突する!
絶対女王・西園寺れおとリングの女豹・希咲あやが、以前に組んでいたタッグチーム「フェアリーウィンド」という同期入団で組まれたこのタッグは、両選手の実力とルックスの高さでファンに絶対的な人気を誇っていた。しかし人気絶頂の真っ只中でフェアリーウィンドは、突如として衝撃の解散を宣言する。噂されていた通り2人の間には感情を隠しきれない確執があり、お互い敵視することとなる。そして異なる二人の思惑は新たな遺恨を生む。
vlackflag-17
人気の女子プロタッグが謎の解散・別離から幾年、元タッグパートナー同期対決。
vlackflag-18
赤いリングコスが西園寺れお、ピンクのコスが希咲あや。
vlackflag-19

 


VLACK FLAG VATTLE 0004

(アキバBV動画配信ページ)

●豊川真由子(西園寺れお):157cm B82 W58 H82
●下園美莉(希咲あや):160cm B87 W58 H89
●メーカー:VLACK FLAG
●収録時間:45分
 

女子プロレス情報レビュー

 
当時は解散理由について色々囁かれたが、とにかく2人は別々の道を歩むこととなり、西園寺れおは王道を歩み女子プロレス界で絶対女王と呼ばれる地位まで上り詰める。一方の希咲あやは、ヒールへと転向するとメキメキと頭角を現し、実力では西園寺れおより上なのではと囁かれるほどトップ戦線まで躍り出ていた。そして2人の途切れていた糸が、タブー視されていた元タッグパートナーについての質問により再び引き合う。
練習でもめったに顔を合わせなかった2人が、深夜のリングで鉢合わせてしまう。解散が円満では無かった事を感じさせる程の挑発をしあい、ついに戦いの火蓋が切って落とされた。もし公式戦だったらファン垂涎のプラチナチケットであったろうこの試合。お互い手の内を知り尽くしている同期対決は五分のガッツリ四つの攻防を繰り広げたが、徐々に西園寺れおがペースを掴む。しかし追い込まれた希咲あやは、とうとう凶器を手に彼女に襲い掛かるのだった。

 

 

カテゴリー
タグ
  • トラックバック


元祖アイドルレスラー有本紗世 VS 新世代アイドルレスラー篠宮ゆり
華やかな芸能界から女子プロレス界に電撃転向してきた愛野くるみ。話題性もあってメディアを賑わせ、おかげで女子プロレス人気も急上昇していた。しかし今まで女子プロ人気を支えていた元祖アイドルレスラー葉月由美はその騒ぎを内心面白くないと感じており、何かにつけて新人の愛野の事を聞かれウンザリ顔。ある記者会見では「彼女は実力がある訳ではなく話題優先。自分こそが真の実力派アイドルレスラー。私と戦うことになったら彼女は辛い現実を見ることになるだろうと闘志を燃やす。

何と人気AV女優の有本紗世と篠宮ゆりの女子プロレス対戦。これにはビックリだ!

まるで白い妖精たちが闘っているようなキャットファイト。

インスタ映えしそうな二人の真っ白なドレス衣装が素敵です。

 


VLACK FLAG VATTLE 0003

(アキバBV動画配信ページ)

●葉月由美(有本紗世):152cm B82 W56 H84
●愛野くるみ(篠宮ゆり):149cm B80 W58 H80
●メーカー:VLACK FLAG
●収録時間:50分
 

女子プロレス情報レビュー

 
一方、この発言を記者づてに話を聞かされた愛野くるみは、醒めた表情をして「葉月選手の事はよく知らないんですよね。これからは私がアイドルレスラーとして女子プロレスを盛り上げます」と高らかに宣言する。互いを意識していることはあ明らかであり、静かに2人の対立の様相が深まって行った。もはや避けては通れない。
ある日の深夜、道場で一人リングに残っていた愛野の前に葉月が現れる。怒りをぶつけ臨戦態勢になる葉月と迎え撃つ構えの愛野。誰もいない深夜のプロレスリングで新旧アイドル対決が幕を開けた。序盤こそ持ち前のテクニックで愛野を押していた葉月だったが、所詮は話題性だけと高をくくっていた愛野の実力が想像以上で徐々に焦り始める。そしてついに打たれ強い葉月が、愛野の蹴りの嵐に崩れ落ちる。果たして新旧アイドル対決の行方は?そんな物語は置いておき、絶品ボディが繰り出すセクシーショットの数々や、綺麗すぎる二人のルックスに誰もが釘付けになるでしょう。

 

 

カテゴリー
タグ
  • トラックバック
ホームPage 1 / 212