強くてエロいトップレス最強を決める女子トーナメント決勝戦。
決勝進出者の一人、河西ひとみ選手は、柔道のキャリアがあり力量十分なストロングスタイルの申し子である。優勝という名誉のために自らトップレスとなった求道者である。しかし対戦相手の原千草選手は、裸であることをいいことに、ただ相手と淫らにレズりたい目的で参戦し、この大会をまるでレズバトルに変えんばかりにかき乱しながら決勝に登り詰めた。確固たる決意の元にトップレスになった実力者と、淫乱レズファイターという対照的な二人の対決の行方は如何に。おっぱいプルルントップレス・格闘プロレスリングの女王は誰だ?
topless-tournament16
勝負の目的が対照的な2人の対決の行方はどうなる?
topless-tournament17
黒いパンツとニーハットが河西ひとみ、赤いパンツが原千草。
topless-tournament18
淫乱レズファイターvsストロングスタイルの攻防戦、最強の女王の座はどちらだ?
topless-tournament19

 


BATTLEトップレストーナメント決勝戦

(アキバBV動画配信ページ)

● 河西ひとみ:160cm B88 W60 H88
● 原千草:164cm B90 W61 H88
● メーカー:バトル
● 収録時間:90分
 

女子プロレス情報レビュー

 
女性が美しい裸体を惜しげもなく晒しながら強く闘う格闘スタイル。コスチュームを脱ぎ捨て、己の武器とは裸一貫で争い優勝を掴む、まさに本物ストロングスタイルな戦いの祭典。それがトップレストーナメントなのだ。決勝戦の組み合わえは、決死の覚悟で試合に臨む河西ひとみvs勝利よりもレズりたい淫乱娘の原千草の対決。栄えある第一回トップレストーナメントを制するのはどちらだ?

河西ひとみ…柔道出身の実力者。B-1あるいはエクストリームに参戦するつもりが、既に参加者を締め切っており、やむをえずトップレストーナメントに参戦した。トーナメント優勝という名誉のために参戦はしたものの、やはりトップレスになる覚悟は出来ていないまま決勝まで進んできた。

原千草…優勝が目的では無く、スケベ目的で裸の選手とレズりたいという淫らな欲望から好んで参戦する。トップレスを恥ずかしがる相手は格好の餌食だが、自分を気持ち悪がり抵抗してレズらせてくれない手強い相手をプロレスでも打ち倒す必要がある。対照的な二人の対戦の行方は果たして如何に?

 

 

  • トラックバック