パンくずリスト
  • ホーム
  • 加納綾子
タグ:加納綾子
ホームPage 1 / 11


お色気プロレズリング Special vol.4
伝説のレズファイター加納綾子が再びバトルのリングに帰ってきた。空白の期間、彼女はバリタチとして大きく羽ばたき、業界でもその名が通るほど確固たる地位を築き上げる。そんな彼女に挑むのは、スターの象徴である白い水着を着て闘ってきた高瀬杏。彼女は正統派スタイルのアイドル女子として人気抜群だが、実は練習中はレズのタチとして仲間内では非常に有名であった。今回この両雄の闘いが見たいと多くのリクエストが寄せられ、この奇跡の名勝負が誕生した。


水色コスが加納綾子、茶色コスが高瀬杏。

甘美な禁断の世界、女同士でのみ可能な艶めかしく官能的なバトル。

この試合が何故Specialなのか、その意味を二人はハッキリと証明している。

 

● 作品名:プロレズリング Special Vol.4
● 加納綾子:156cm B85 W62 H86
● 高瀬杏:152cm B86 W60 H87
● メーカー:バトル
● 収録時間:82分
 

女子プロレス情報レビュー

 

闘う女たちの意地と意地がぶつかり合う弱肉強食のリング。加納綾子と高瀬杏の試合も見た目だけはプロレス形式で闘うが、実際にはそんな半端なものではない。勝てば官軍、勝てば正義、もはや既成のルールなど存在しない。プロレスxレズx女同士の意地をかけた闘いなのだ。
女性とは本来、男をイカせてなんぼ。つまり卑猥なエロ技こそが、女性の価値を決めると言ってもいいだろう。ただのタチ対決と思ったら大間違い、プライドを賭けて互いに譲らぬ加納綾子と高瀬杏。試合の展開と共に二人の熱気は加速度に上がっていく。ディープキスで相手の戦意喪失を狙う!抵抗のできない体勢からのイカせ攻撃に、どう抵抗し逆転を果たすのか。女の淫らなエロ技とプロレス技を最大限活かし、相手をイカせ、完全に降伏させろ。

 

 


プロレズリング Special Vol.1
プロレス格闘でもレズバトルでも強豪として名を馳せた二人が激突するドリームマッチ。経験豊富なお姉さん加納綾子にバトル格闘技の第一線で活躍するする横山みれい。どちらも今までは「タチ」としての役回りを王道としてきた二人がリングで雌雄を決する。どちらが本当のクセ者なのか、相手をプロレス格闘とレズテクニックでねじ伏せる。お互いのプライドが敗北など絶対に許すはずがない。艶めかしい美女たちの誇り高きレズプロレスが幕を開ける。

lesbianfight-17
タチ同士の二人がイカセ合いレズプロレスで絡み合い雌雄を決する。
lesbianfight-18
互いに技を仕掛け合いながらチャンスを狙う。
lesbianfight-19
美しき女豹たちの淫靡な闘い、知る人ぞ知るレズ格闘ドリームマッチ!
lesbianfight-20

 

● 作品名:プロレズリング Special Vol.1
● 横山みれい:158cm B93 W57 H83
● 加納綾子:156cm B85 W62 H82
● メーカー:バトル
● 収録時間:65分
 

女子プロレス情報レビュー

 

格闘プロレス×淫らなレズ技、そして女同士の意地をかけた負けられない闘い。相手を愛撫してイカせ続け、リングに這いつくばらせ屈服させるのは果たしてどちらだ、レズファイトを得意とする女子レスラーたちが己の矜持を賭けて闘う!
試合が始まると同時に一気に攻め込んだ加納綾子が相手の背後に滑り込み腕を捕らえる。優位な態勢から挨拶代わりにコスチュームの上から股間を優しく愛撫。しかしやすやすと試合ペースは譲らない横山みれい、得意のコブラツイストを掛け、そのまま無防備な股間に強く刺激を与える。お互いに譲らず、せめぎ合いながらそのままマウントにもつれ込む2人。関節技・絞め技で苦しめ相手の消耗を狙い、体をがっちり固めてガラ空きの胸や局部へエロ技を叩き込む。幾度となくひっくり返され、激しく攻守が入れ替わる展開と双方の隠微な闘いに、視聴者の脳髄も股間も刺激されるエロプロレズ作品です。

 

 

加納綾子vs甲斐ミハル
B-1プロレズリング バトルトーナメント 準決勝第1試合
大会の途中に選手交代などのイレギュラーな展開であれど、リングに立てば目前の相手に全力でぶつかりイカせるのみ。プロレス技を極めて肉体のガードを開き、敏感な部分をレズ攻撃で責め立てる。女として、そしてタチとしての誇りを賭けて戦うのは加納綾子と甲斐ミハル。試合の展開はもつれ、互いに一歩も譲らずリング上は激しさを増していく。柔らかく白い美肌がほんのり火照っていくと大胆なセクシーモードに突入。二人だけの背徳の時間をたっぷりご堪能あれ!


ピンクコスチュームが加納綾子、青いコスチュームが甲斐ミハル。

美女たちが淫らに絡み合うレズプロレス。

スベスベの色白な美肌がじんわり恥じらいのピンクに染まりゆく。

 

● 作品名:B-1プロレズリング バトルトーナメント 準決勝第1試合
● 加納綾子:156cm B85 W62 H86
● 甲斐ミハル:170cm B90 W59 H88
● メーカー:バトル
● 収録時間:54分
 

女子プロレス情報レビュー

 

本格的なレズファイトが幕を開ける。名の有るタチ同士の激突だけあって、どこまでも優位を取りたい両者。裸体になった胸や股間を刺激し、ディープキスでひるませ相手の戦意喪失を狙う。
加納綾子…言わずと知れたレズタチの女王。にも関わらずレズバトルの今大会に呼ばれなかったことに憤慨。準決勝に進むはずだった西條カレンを闇討ちし出場枠を強引に手にした。レズテクには絶大な自信と実力を持つ選手だけに優勝しても驚けない。対するのは甲斐ミハル。相手にとって不足無し。
甲斐ミハル…ナイスバディーのお姉様系レスラーが順当に勝ち上がってきた。待ち受けていたのは西條カレンではなく、乱入して出場権を得たレズタチ最強の加納綾子だった。フェアじゃない戦いに不満を漏らしつつ、リング上では相手が誰であろうとも負ける気はさらさら無い。

 

 

ホームPage 1 / 11