加納綾子vs高瀬杏、ファンの想いが奇跡を生んだプロレズドリームマッチ!
伝説のレズ名勝負を繰り広げた女子レスラー加納綾子が再びバトルのリングに帰ってきた。空白の期間、彼女はバリタチとして大きく羽ばたき、業界でもその名が通るほど確固たる地位を築くまでに至る。そんな彼女に挑むのは、スターの象徴である白い水着を着て闘ってきた高瀬杏。彼女は正統派スタイルのアイドル女子として人気抜群だが、実は練習中はレズのタチとして仲間内では非常に有名であった。今回、この両雄の闘いが見たいと多くのリクエストが寄せられ、奇跡の名勝負が誕生する。純粋なプロレスとしてもハイクオリティで、さらに淫靡なレズファイトへと繋がっていくまさに格闘とレズバトルの融合とも言える傑作だろう。

水色コスが加納綾子、茶色コスが高瀬杏。

甘美な禁断の世界、女同士でのみ可能な艶めかしく官能的な戦いがここに…。

この試合が何故Specialなのか、その意味を二人はハッキリと証明している。

 


プロレズリング Special Vol.4

(アキバBV動画配信ページ)

● 加納綾子:156cm B85 W62 H86
● 高瀬杏:152cm B86 W60 H87
● メーカー:バトル
● 収録時間:82分

闘う女たちのリングは意地と意地がぶつかり合う弱肉強食のジャングルだ。見た目だけはプロレス形式で闘うが、実際にはそんな半端なものではない。勝てば官軍、勝てば正義、もはや既成のルールなど存在しない。プロレスxレズx女同士の意地をかけた闘いなのだ。ディープキスで相手の戦意喪失を狙う!

女性とは本来、男をイカせてなんぼ。つまり卑猥なエロ技こそが、女性の価値を決めると言ってもいいだろう。ただのタチ対決と思ったら大間違い、プライドを賭けて互いに譲らぬ両選手たち。試合の展開と共にリング上と2人の熱気は加速度に上がっていく。抵抗のできない体勢からのイカせ攻撃に、どう抵抗し逆転を果たすのか。女の淫らなエロ技とプロレス技を最大限活かし、相手をイカせ、完全に降伏させろ。