負けられない女同士のプライド、体力と精神力でキツい技を耐え抜いて勝利を掴め!
若い女子レスラー2人がお互いにプロレス技を掛け合い、相手からギブアップを勝ち取るか、苦痛に耐え切ることができるのかという勝負。攻撃権はそれぞれ6回ずつ。1回につき制限時間は3分まで、相手の攻撃に耐え切った数やギブアップの奪取数で勝敗を決める。まず片方が技を極めたところから試合がスタート。自分の得意技で勝負するのか?相手のウィークポイントを徹底的に責めるのか?体力と精神力と忍耐力でギブアップを耐えながら悶える若き美しい女子レスラーの姿がここにある!

ルールは攻撃権をそれぞれ六回持ち交代で技を掛けていく。攻撃時間は一回につき三分。この間にギブアップを取った者、もしくは耐え切った者に一ポイントが与えられ、最後に総合ポイントが多い者が勝者となる。

青いコスチュームが夏木千絵、紺色コスが矢倉なな。

プライドと苦痛の間で悶え苦しみ葛藤するフレッシュ女子レスラーの美しき姿!

 


ギブアップを奪え!! Vol.2

(アキバBV動画配信ページ)

●矢倉なな:165cm B82 W57 H83
●夏木千絵:153cm B98 W65 H90
●メーカー:バトル
●収録時間:48分
 

女子プロレス情報レビュー

 
相手に固め技を極められたところからプロレス勝負は始まる。これは圧倒的不利な状況から自分の身を守る防御する体力、そして苦痛に耐え凌ぐ我慢と精神力が問われる過酷なレスリング競技なのである。制限時間は一回につき三分。ポイント制で勝負は決まるGiveUPorWinner、ギブアップを奪い、そして根性で耐え抜け!
高身長と長い手足を武器に全身を締め上げるパワフルな大技を連発する矢倉に対し、その長い手足を逆に利用し個々の関節を執拗に細かく狙う戦略に出た夏木。地獄の3分間、身体は軋み、関節は限界まで曲げられ折れる寸前で耐え抜く。不自然に歪んだ身体、悶絶しながら技を耐える。激しい試合が進むに連れて一進一退の攻防で2人の体力は失われ、お互い気力とプライドだけで相手の技を耐えようとする。苦痛に打ち勝とうと失神寸前の苦痛を耐え抜きながら悶絶する声は大きくなる。この女の意地のぶつかり合い、技地獄で勝利するのはどちらのレスラーなのか?

 

 

タグ
  • トラックバック