すでに過去3回行われたおっぱい丸出しトップレスマッチ。お色気Tバック一枚のみ着用し胸をフサフサ揺らしながら戦うこの試合は、エロファイトと思われていた時代もあったが、実際の闘いは真剣そのもののストロングスタイルである。この試合に出場した選手は、後にビッグマッチに出演するなど明日への栄光の架け橋でもあった。しかし、おっぱいを晒して戦う選手を色眼鏡で見てバカにする選手も少なくなく、実際に出場する選手たちにも裸で戦うことに対して羞恥心・抵抗を感じるのは否めない。そんな中で第4回のトップレスファイト開催が決定された。栄光を掴んだ羽月希に憧れてトップレスになる覚悟を決めた真面目レスラーvs自慢のバストを皆に見せびらかしたい露出狂レスラーのプロレス対戦です。

topless-fight16
リングに立つ目的は違えど、どちらも同じ明日の栄光を目指すトップレスファイターである。
topless-fight17
紫色のパンツが水咲あかね、赤色パンツが桃井はるか。
topless-fight18
トップレスバトル=爆乳対決の図式は健在です。
topless-fight19

 


女子プロレス巨乳トップレスファイト Vol.4

(アキバBV動画配信ページ)

● 桃井はるか:163cm B93 W63 H88
● 水咲あかね:146cm B96 W60 H88
● メーカー:バトル
● 収録時間:60分
 

作品情報・レビュー

 
なぜ胸が大きいというだけで、裸で戦わなければいけないのか?女子トップレスマッチに対して大きな疑問が提唱されながら答えは見い出せないでいる。いや本当は男の邪まな欲望…。それは誰も口に出さず、遠回しにトップレスマッチとは、未来の栄光への登竜門なのか?女性にとっては疑問が残るまま、ついに第4回のトップレスファイト開催が決定される。
今回参戦するのは水咲あかね。自慢の爆乳を披露して戦いたい露出狂な彼女はトップレス戦への出場を希望していた。しかし、なかなか対戦者が決まらない状況が続いた。そこで白羽の矢が立ったのが桃井はるか。トップレス戦へのオファーには抵抗を示したが、自分が憧れる羽月希選手と同じように敢えて苦しい道のりを歩むべきだと思い、将来の栄光を掴むためにトップレス戦への参加を決意した。
こうして、露出大好きレスラーとス真面目なレスラーの対決となった第4回トップレス戦。対照的なな経緯の二人なれど胸が大きいのは互角。果たして勝つのはどちらだ?そして彼女たちは過去のトップレス選手と同じように未来への栄光を勝ち取るのか、それとも露出狂と馬鹿にされ恥辱を味わうのか?

 

 

  • トラックバック