FGタイトルはBATTLE認定ベルトとして初のタイトル防衛戦に挑むYUE
ファイティングガールズは解散したものの、現FG王者のはベルトはYUEが保持している。そこへFGインターナショナルの王者なつめ愛莉が気勢をあげ、そのベルトの獲得に向けて動き出した。FGの名を継承する事を提唱する彼女にとって、このベルトはFGの歴史を受け継ぐ意味でどうしても手に入れたい。またそのベルトが宿敵BWPの手にある現状にどうしても納得がいかなかった。この闘いは避けては通れないと言えよう。今回タイトルマッチを行う上で新ルールが追加された。セコンドを付け試合中にアドバイスを貰っても良いというもの。まさに女子プロレス団体の総合力が問われる威信を賭けた闘いが始まる。

それぞれ団体の顔として絶対に譲れない闘い、YUEvsなつめ愛莉。

本格的な技が当たり前のように飛び出す中、選手として強い気持ちが試される。

両者共に成長を続けていることが解る洗練されたタイトルマッチに相応しい名勝負。

 


BWPタイトルマッチ Vol.02 ファイティングガールズ王座戦

(アキバBV動画配信ページ)

● YUE:167cm B84 W57 H85
● なつめ愛莉:160cm B85 W58 H84
● メーカー:バトル
● 収録時間:62分
 

女子プロレス情報レビュー

 
女帝として君臨する女子レスラーYUE。かつて三・五代目のFG王者として、今現在ではBWPの看板として宿敵FGインターナショナルに絶対負けるわけにはいかない。最強の称号を証明すべく強い覚悟で試合に挑む臨むYUE。更なる進化を遂げて試合に臨む彼女は攻めだけでなく受けの技術も成熟し、いよいよ全盛期が訪れるか!
対するは、FGの名を冠した新プロレス団体を発足させたからには、この闘いに勝利することは至上命題。なつめ愛莉はどんな事をしても勝利を目指す。実力的には現在のどの王者と比較しても遜色なく、甘いルックスがファンの心を掴んで離さない人気アイドルレスラー。ここで往年の名選手を撃破して新たな時代を到来させるか!
ここでの勝敗が女子プロレス団体同士の新たなる秩序と大きな流れを作るのは間違いないが、今回用意されたルールが明暗の鍵を握るのか?

 

 

タグ
  • トラックバック