おっぱい丸出しトップレスvsセクシーコスチューム、実力は折り紙つきの屈指のパワーファイターと、ドSすぎる暴走狂犬ロリータの果てしない死闘を見よ。
extremetournament-58
◆動画掲載コメント
エクストリームトーナメント一回戦が全て終了し、準決勝に勝ちあがる4名の猛者が決定した。勝ちあがった精鋭の4名には、さらなる過酷な闘いが待ち構えている。準決勝の第一試合ではタイプの違う二人の選手がぶつかり合う。星野七海選手は一回戦で見事に勝利しトップレス卒業となったはずだが、今回の試合でもトップレスで試合に挑むことを決意。かつて傲慢さと油断で敗北した過ちを二度と繰り返さぬため、試合に集中するためにトップレスを続けるというのだ。

トップレスが星野七海。しかしルックスは若月まりあが断然上だ。
extremetournament-59
トップレスの道を選んだパワーファイターvsサディスティックな狂犬ロリータの激闘が繰り広げられる。
extremetournament-60
タイプの違う二人が激突する。果たして決勝に勝ちあがるのはどちらだ。
extremetournament-61

 


BATTLEエクストリームトーナメント2015 準決勝第一試合

(アキバBV動画配信ページ)

●若月まりあ:157cm B85 W58 H86
●星野七海:154cm B84 W58 H85
●メーカー:バトル
●収録時間:72分

星野七海選手いわく、トップレスこそ己の肉体のみで闘うストロングスタイルであるという。彼女の言葉通り、おっぱいだけでは無く、彼女の優れた格闘センスを見て欲しい。屈指のパワーファイターで大技を繰り出す能力は優勝候補の一人に挙げられる。対戦する若月まりあ選手は、可愛らしいベビーフェイスだが、小悪魔な笑みを浮かべたドSな性格の持ち主で、華奢な身体ながらも、その体格的なハンデを凶暴さでカバーしている。ヒール不在のBATTLEマットにおいて貴重な存在である。一回戦では京野結衣とセクシーコスチューム同士の対決となったが、見事に試合を制した。

純粋なプロレスラーとしての格闘センス、実力では星野七海が上回るが、若月まりあは凶暴性や反則攻撃を得意としている。しかし星野は、純粋にレスラーとしての実力のみで戦える破壊力を持っているし、一回戦でも相手の凶器反則をモノともせずに勝利を収めている。一方の若月はエクストリームルールを味方につけて、いかに凶暴性を発揮してアウトローな展開へ持ち込むことが勝利の鍵となるであろう。