新人ながら破格待遇のエリートみおり舞、かたや屈辱的な扱いを受け続けている苦労人の河西あみ、という格差対決となる女子プロレス試合!

第二試合の川越・羽月戦と同じく、河西あみ選手はトップレスで戦わなくてはいけないという恥辱的な試合である。河西は同じくトップレスマッチ出身の羽月希に続いて、初勝利をあげ「脱トップレス」を果たす事を狙っている。そして苦労知らずの生意気な新人みおり舞に、羽月や自分が受けた屈辱を味あわせようと画策している。そう、河西あみは、初々しい新人ギャルみおり舞のコスチュームを剥ぎ取ってしまおうとしているのだ。これには男性ファンも黙ってうなずくほかはない。


青いコスがみおり舞、トップレスが河西あみ。

二人の闘いは当然のようにネチっこく、相手の精神を折りにくるまさに女の闘い。

嫉妬に狂うトップレスレスラー河西あみ選手の猛攻が続く!

 


BATTLEエクストリームトーナメント 第四試合

(アキバBV動画配信ページ)

●みおり舞:160cm B81 W59 H88
●河西あみ:152cm B88 W60 H87
●メーカー:バトル
●収録時間:76分
 

作品情報・レビュー

 
トーナメント第四試合、今回がBATTLEマットデビューで、いきなりのトーナメント参戦という破格の扱いを受ける新人エリート「みおり舞」が登場する。抜群の運動神経と柔軟な身体を持つ彼女。先にデビューを果した天才少女と謳われる武藤つぐみのライバル的な存在である。プロレスは今回が初参戦であるが、その並外れた身体能力を持ってすればトーナメントでの活躍も間違いないだろう。
みおり舞の対戦相手は、苦労人の河西あみ。第一回トップレスファイトで敗北、他のトップレス選手がビッグマッチに抜擢されてトップレスを卒業していく中、ただ一人取り残されたあげく、水着を着用した選手を相手に自分だけトップレスで戦うという屈辱を受けるハメになる。そんな恥辱に塗れた苦労人の河西あみにようやくトーナメント出場というチャンスが訪れるのだった。しかしBATTLEは、河西を「トップレスのエロ要員、みおり舞のかませ犬」という思惑で起用したのである。屈辱の上に屈辱を重ねるヒドい扱いであるが、今までの汚名挽回のチャンスのためにトーナメント参戦を決意する。

 

 

  • トラックバック