一松愛梨vs椎名華、女性たちの感情爆発のスーパーマッチ!
同シリーズ第一弾は爆発的なヒットを記録した作品だったが、しばらく続編は作られなかった…。それは手探りの段階だったので品質にイマイチ納得が出来なかったから。それからずいぶんと試行錯誤した結果、今回生まれた作品は、スペシャルにふさわしい充実の内容と判断され第二弾リリースが決定した。長身でグラマラスな一松愛梨とスレンダーな美女、椎名華が織りなす甘く切ない、危険なレズプロレスの世界。マニアならば絶対に見逃せない淫靡な闘いの幕が切って落とされる。

タチ同士の二人がイカセ合いで雌雄を決する美しき女豹たちの闘い。

ピンクの衣装が椎名華、豹柄の衣装が一松愛梨。

禁断と官能の女の園、女と女が絡みあう淫靡なバトル。

 


プロレズリング Special Vol.2

(アキバBV動画配信ページ)

● 椎名華:163cm B80 W62 H86
● 一松愛梨:170cm B90 W63 H93
● メーカー:バトル
● 収録時間:66分
 

女子プロレス情報レビュー

 
熱闘渦巻くリング上は女と女の意地をかけた弱肉強食のジャングルだ。格闘プロレスのフォーマットで闘うが、実際にはそんな優しいものではない。このリングでは性技こそが、女性そのものの存在価値を決めると言っても過言ではないのだ。つまり、このエロ格闘で敗れるという事は、女性として完全に相手よりも格下というレッテルを張られるのだ。勝敗を別けるのは折れない心だけ。お互いのレズファイトの実力は未知数なところもあり結末は読めない。
一松愛梨は強く大きい肉体と美貌に絶対の自信をみせる。相手の脚や腕をプロレス技で固定し、股間や胸に刺激を与え続け強制的に絶頂させる。互いに強めの口調で罵り容赦なくプロレス技で痛めつけ愛撫する。椎名華のテクニックは凄まじく心が折れて意気阻喪、次第に調教モードになっていく。果たして一松はプライド保つ事ができるのだろうか。どうしても決着をつけなければならない相手がいる。プロレスでも、性技でも…。女子ファイターとして、女として貴女には絶対に負けられない。相手をイカせ続けて屈服させるのは果たしてどちらだ?

 

 

タグ
  • トラックバック