悪役ヒールレスラーが正統派レスラーに負けて犯されてスカッとする内容?

勝利しさえすれば何をやってもいい。美月優芽の考え方はヒールレスラーとしては至極当然なだ。しかしその思考に異議を唱える者がいた。中島京子はいかに完璧な勝利を飾るかを考える完全主義者、すべては美しく勝つために。全くの正反対の考え方を持つ2人がぶつかるのは遠い話ではなかった。度重なる反則攻撃に負傷者も出る美月の試合。中島はさすがに業を煮やし、美月の所属する事務所に出向いて挑戦状を叩きつけた。向かうところ敵なしの美月には断る理由は何も無い…。


金色コスが中島京子、紫コスが美月優芽。

ヒールレスラーにお仕置きのお尻ペンペン!

さらに男を呼びつけヒールレスラーを犯してしまう。どっちが悪か分からない。

 


煩悩寺ドリームマッチ4 ヒールレスラー完全敗北

(アキバBV動画配信ページ)

●中島京子:152cm B84 W58 H86
●美月優芽:身長153cm B93 W60 H92
●メーカー:煩悩寺
●収録時間:40分
 

女子プロレス情報レビュー

 
試合が始まった。序盤は一進一退の攻防が続く。しかし美月は徐々に押され始める。連続で技を受け窮地に立たされたところで、ついに凶器を持ち出し反則攻撃を仕掛けた。竹刀やロープを使っての首絞め。ヒールとしての本領を発揮し一時は形勢逆転に成功する。
しかし反撃もそこまで、実力に勝る中島のハイレベルな攻撃の前に陥落するのだった。「こんな物に頼らないと勝てないの?」美月のプライドを崩したのはこの言葉だけではなかった。屈辱のお尻ぺんぺんスパンキング。悪い子にはお仕置きとは言うが、ヒールレスラーといえど、大人に対してのこの行為は美月の尊厳を傷つけた。だがお仕置きはまだ終わらない。中島はリング上で美月の巨乳をむき出しにして揉みしだき、さらにマネージャーに美月を犯させ始めたのだ。完全主義の法則、敗者には徹底的な敗北を与えるのだ。
強気なヒールレスラーが「男」を知らされる事によって美月の声に女らしさが出てくる。ヒールであった頃の迫力も威厳も消え失せ身体もプライドもズタボロに…。中島は真の本性をさらけ出した美月を横目に、次の戦いへと目を向けるのだった。

 

 

タグ
  • トラックバック