b-1proress16
互いに退かず戦況はヒートアップするイカセ合いB-1プロレズリング!
1回戦もいよいよ最終戦、準々決勝への最後の切符を手にするのは一体どちらなのか。インタビューから火花散る展開が繰り広げられ、双方の試合に賭ける気概を感じる1戦。まずは相手の力量を測る為に、挨拶代わりのプロレス技の掛け合い、格闘技の合間に相手の股間や胸を弄り探りを入れる。「女の技」エロテクの実力をも試す。お互い勝ち目は見えているのか?
b-1proress17
桃色カラフルコスチュームが逢沢るる。グリーンのコスが夏目葵。
b-1proress18
b-1proress19

 


B-1プロレズリングバトルトーナメント 1回戦第4試合

(アキバBV動画配信ページ)

●逢沢るる:156cm B88 W60 H85
●夏目葵:166cm B87 W63 H89
●メーカー:バトル
●収録時間:56分

このままプロレス格闘だけでは勝負がつかないと判断した2人は、コスチュームを剥ぎ本格的なイカせ合いエロプロレスへと発展させる。なおもプロレス技で痛めつけ苦痛を与え、そして舌技、指技を駆使して相手を快感へ追い込んでイキ悶えさせる。勝敗を別けるのは折れない心だけ。果たして勝者はどちらに?

逢沢るる
プロレスは今回が初参戦とのことだが、プロレスでもエッチなことでも相手には負けないと気勢をあげる。若さゆえの強気の姿勢は一体どこまで貫けるのか。はたまた見せかけだけなのか?ロリ系フェイスにGカップというアンバランスなギャップのボディが男目を惹くが、女相手にそれをどう武器に闘うのか期待が高まる。

夏目葵
むっちり系の肉体で逢沢より高めの身長と四肢が特徴。新人の逢沢の強気な発言に怒り心頭と言ったところだが、舐めてかかると逆に痛い目を見る可能性がある。体型の差を活かし、力でねじ伏せて是非とも勝ちたいところであるが運命はどう転ぶか分からない。レズファイトの実力は未知数なところもあり結末は読めない。

 

 

タグ
  • コメント
  • トラックバック