パンくずリスト
  • ホーム
  • 江上しほ
タグ:江上しほ
ホームPage 1 / 11

江上しほプロレス画像
おっぱいプロレス江上しほ、ザ・ファイナル!
棚ボタ王者を懲らしめるために闘いのリングに舞い戻った女子レスラー江上しほ、トップレスとなって最後の闘いに臨む。江上が返上したベルトを所持する涼海みさを叩きのめしてやると息を巻く。しかし現役レスラー涼海みさとしては、第一線を退いたロートルには負ける訳にはいかない。全米が感動したロッキー・ザ・ファイナルを彷彿させる人間ドラマがここに在る。全日本が泣いた女子プロレスとしてアメリカに紹介される可能性は薄いが、インターネットが普及した現在では世界各地からABVにアダルトな注文が入っても何ら不思議はないだろう。

王者となった涼海みさ、今度こそ江上にリベンジを果たすか!?

華麗さとパワーが溢れる因縁ある二人の闘いはプレミアム級。

凶器反則なんでも有りなのがエクストリーム、勝てば正義、勝てば官軍!

 

● 作品名:エクストリームプレミアムマッチ VOLUME.4
● 江上しほ:158cm B92 W66 H95
● 涼海みさ:151cm B88 W58 H88
● メーカー:バトル
● 収録時間:67分
 

女子プロレス作品情報

 

因縁ある二人の女子レスラー対決。すでに3か月前に、涼海みさと江上しほはタイトルマッチのリングで既に激突していた。王者の江上しほが挑戦者の涼海みさを退けてタイトルを防衛した。しかし王者の江上は闘いに疲れたようにその場で「旅に出る」と言い、最強のベルトを返上してしまう。一方の初黒星を喫してしまった涼海みさは、以前にも増して練習に打ち込み、エクストリームトーナメント決勝戦で、あやね遥菜に苦杯を舐めながらも見事な逆転勝利を収めて王座に就く事になった。
ある意味、江上しほの存在が消えたおかげで棚ボタで王者になった訳である。その新王者・涼海みさへの挑戦権を持つのは「トップレスになる事」が出来る女子レスラーであった。そこに挑戦者として現れたのがまさかの江上しほ。引退したはずの彼女が、棚ボタで王者に制裁を下すべく一度限りのプロレス復帰を果たす。しかし今や王者の涼海みさは、威風堂々としており実績も十分。過去の経緯など忘れて江上しほを格下呼ばわりする始末。果して江上しほは、最後の戦いで再び鉄槌を下すか、それとも涼海がリベンジするのだろか?

 

 

BATTLEプロレス 涼海みさ
BATTLEエクストリームタイトルマッチ6
念願のベルトを獲得した女子レスラー江上しほ。難易度が高い大技も飛び出す実力者である。しかしその後は思ったほどの活躍は出来ずに惜敗が続く彼女。焦りが隠せない江上しほは、次の挑戦者として最凶最悪のヒールと恐れられる涼海みさを指名した。なぜ不調のチャンピオン江上しほは、あえて今、最も勢いに乗る凶悪ヒールを挑戦者として指名したのか。何か深い理由があるのだろうか。深い詮索は無粋と言うものだが、これは明らかに自殺行為に等しい。

赤いリング衣装がヒールレスラー涼海みさ。黒い衣装は江上しほ。

実力派レスラー同士の女子プロレス。難易度の高い大技を見せつける。

超本格的なプロレスファイトを展開し、汗を流して激闘を繰り広げる。

 

● 作品名:BATTLEエクストリームタイトルマッチ volume.6
● 涼海みさ:151cm B88 W58 H88
● 江上しほ:158cm B92 W66 H84
● メーカー:バトル
● 収録時間:76分
 

女子プロレス情報レビュー

 

前回の日高結愛を迎えての一戦では、全く何も出来ずに惨敗した江上しほ。もはや王者としての資格が無いと言われても当然だろう。しかし今の彼女の状態を見るとだいぶ身体が絞り込まれており、かなりの猛特訓を積んできたのであろう。今回のコンディションは万全だ。
迎え撃つ相手の涼海みさは、今もっとも勢いに乗る選手。独特の世界観と抜群の自己表現力を持つ涼海みさ。ネイキッドの強豪レスラー阿部乃みく撃破して反バトル連盟内での地位を揺るがないものとしている。さらにヒールの域を昇華して変態ドSっぷりを発揮する危ない女である。美人レスラーとは思えないエロ過ぎる貫録を見せつける。もちろん得意のスープレックスも健在である。
しかし、江上しほには自信があるのだろう。今までの不調など感じられないようなキレの良い動きと技を見せている。ここで強豪ヒール涼海みさをマットに沈めて、一気に汚名返上の機会を狙っているに違いない。最悪の挑戦者を迎えた江上しほ、果たして闘いの結末は如何に?

 

 


栄光の美女レスラーと恥ずかしいトップレス、対照的な二人が激突する
スーパールーキー江上しほを撃破して第三代エクストリーム王座に輝いた若月まりあ。小悪魔な魅力のドSファイターは勢いを増し、なんと反バトル連盟入りを宣言する。しかし傍若無人な振る舞いに組織は大混乱。阿部乃みくを撃破して反バトル連盟の共同リーダーに就任する。例の江上しほは、しばらくバイトが忙しいのか沈黙を保ったまま表舞台から遠ざかっていた。だが若月の「トップレスになったら再戦してもいい」と言う言葉を信じてトップレス女子になる事を誓う。若月まりあの方も約束通りに江上との再戦に応じ、タイトルマッチ第二戦が行われることになった。

若月まりあ プロレス試合
トップレスになる恥辱を忍び、若月まりあへのリベンジを誓う江上しほ。

連戦連勝中で調子の乗る若月まりあを止める事は出来るのか?

最近まったく良いところが無い江上しほ。もっと頑張れ!

 

● 作品名:BATTLEエクストリームタイトルマッチ volume.4 リベンジマッチ
● 若月まりあ:162cm B82 W56 H84
● 江上しほ:158cm B92 W66 H84
● メーカー:バトル
● 収録時間:76分
 

女子プロレス情報レビュー

 

スーパー女子ルーキーとして世間を風靡した江上しほ。圧倒的な武力を背景に新人王を獲得するに至った。しかし先輩格の若月まりあに屈辱的な惨敗を喫した経緯がある江上しほはリベンジに燃える。果たして念願のエクストリーム王座を手にすることが出来るのか。それとも連戦連勝、まさに無敗の暴走女王である若月まりあが、今回も江上を返り討ちにするのか?美人ドSの若月まりあvsトップレス江上しほ、対照的な2人が再び雌雄を決する。
バトル・反バトル連盟どちらにも禍をもたらす暴れん坊将軍の若月まりあの暴走を、江上しほは止められるのか、反バトル連盟のリーダーとなった狂気の女王は、恥かしいトップレス江上を小馬鹿にしながら返り討ちにして無敗伝説を続けるか。ファンや視聴者の興味は尽きない女たちのバトルが繰り広げられる。実力者2人が真っ向勝負を挑み、この特別な試合を作り上げている。

 

 

若月まりあプロレス試合
二人のエクストリームトーナメント優勝者が王座のベルトを狙う!
あの天才少女と謳われた武藤つぐみが、エクストリーム王者ベルトを返上してバトルマットから去っていった。空位になった王座を狙う猛者たちがタイトルマッチで激突する。名乗りを上げたのは若月まりあ。歴戦のキャリアを誇り数々の強敵たちを打ち破りエクストリームトーナメントに優勝して、このタイトルマッチ挑戦権を持っていた。対するは2016年度新人王の座に輝いたスーパールーキーの江上しほ。武藤つぐみの離脱という緊急事態から、急遽このタイトルマッチに挑戦することが決定した。新人ではあるが、バトル次世代のエース候補性として高い実力の持ち主である。


抜群の人気を誇る2人がエクストリームで激突する。

青いコスが若月まりあ、黒いコスが江上しほ。

相手をいたぶり不敵な笑みを浮かべる女子レスラー。

 

● 作品名:BATTLE エクストリームタイトルマッチ Volume.2
● 若月まりあ:162cm B82 W56 H84
● 江上しほ:158cm B92 W66 H95
● メーカー:バトル
● 収録時間:81分
 

女子プロレス情報レビュー

 

絶対王者の武藤つぐみがベルトを返上という思わぬ事態にはなってしまったものの、バトルを代表する美女レスラー若月まりあ、そして新人ながらもバトルの次世代の看板として期待がかかる江上しほという豪華な夢のカードがここに実現する。しかし不安が一つある。江上は自分をトップレスにしようとするバトル経営陣に不信を抱き、どうやら反バトル連盟とコンタクトを取っているようである。
まだ確証は無いが、もし江上しほが王座のベルトを取り、そのまま反バトル連盟に参加したら大切なベルトが流出という事態に追い込まれてしまうBATTLE女子プロレス界。それを阻止するためには、バトルの申し子・若月まりあが、この試合で江上を破るのが一番だが、それぞれの思惑が見え隠れするこの一戦である。果たしてベルト、そしてバトルの行方はどうなる?

 

 

ホームPage 1 / 11