第二試合は彩月みほへのリベンジを果たしたい二人の対決。復讐に燃える反抗期の脱ロリータvs悲運のトップレスファイター!

 
◆動画掲載コメント
準決勝で彩月みほと戦えるのはこの試合の勝者のみ。また羽月にとっては今回の対戦相手である川越も新人トーナメント出場者であり彼女のターゲットである。まだ未勝利の羽月にはトップレスでの参戦が義務づけられており、今回の対戦は一人だけトップレスで戦わなければならない。他の女子レスラー達と自分の境遇の差が浮き彫りになる。羽月にとってはこれ以上無い恥辱的な試合である。そしてこの試合あの悪徳レフェリー阿部二郎が審判を務める。いったい何を企んでいるのか。ますます混沌とする勝負の行方!

銀色のコスが川越ゆい、トップレスが羽月希。

肌と肌そして身体が触れ合うことでテンションが上がっていく二人。

ライバル達を打ち倒し頂点を目指せ!

 


BATTLEエクストリームトーナメント 第二試合

(アキバBV動画配信ページ)

●川越ゆい:159cm B82 W60 H85
●羽月希:154cm B88 W60 H84
●メーカー:バトル
●収録時間:69分

もともとは新人トーナメント決勝戦で彩月に敗れた荒木まいが出場予定であったがケガのため断念。そこで同じく彩月に敗れた川越ゆいをエントリー。川越は、先の戦いで自分の得意技である腕ひしぎ逆十字固めを彩月に極められて屈辱的な敗北を喫した経緯がある。「自分の技を盗まれた」と彩月へのリベンジを誓う。そしてスクール水着を着たロリ系アイドルファイターを捨てて、大人な女へと変身を遂げた。過去の自分の甘さへの決別の意味を込めたという川越は、いかにファイターとして進化を遂げたのだろうか。

続いてエントリーされたのは羽月希選手。本来ならば彼女に勝利しヒールとしての片鱗を見せた夏希亜美がエントリーされるべきだったが、彼女はケガのため出場を断念。敗北はしたものの新人王に就いていてもおかしくは無い実力を持つ羽月が参戦となる。羽月はケガのために新人トーナメントに参戦できず、トップレスマッチでのデビューとなってしまう。裸で戦うことに躊躇を見せた羽月だが、これ以上、同期に遅れを取るまいとトップレス選手になってしまう。この恥辱から羽月は、このトーナメント戦に出場した他のメンバーに嫉妬を覚える。羽月は彼女たちを破り自分こそが新人王にふさわしい事を証明するためにリベンジを誓う。