パンくずリスト
  • ホーム
  • 武藤つぐみ
タグ:武藤つぐみ
ホームPage 1 / 11

エクストリームタイトルマッチ
ベビーフェイス同士がエクストリームの闘いで激突する!
強豪たちが集うバトル新人王トーナメントを制して王座に輝いたのは小西まりえ選手であった。小柄で最も不利と思われたが、類まれな資質と抜群の運動センスで勝利の栄光を掴むとった。そして勢いに乗る彼女の次のターゲットは絶対王者のベルトである。対する武藤つぐみ選手は、天然系ながら学生時代は体育が得意で何をやらせても一級品の天才少女と異名を取る。卓越した格闘センス持つ絶対王者。正統派プロレスながら、ルール無用の過酷なエクストリームトーナメントを制覇してチャンピオンの座に輝く。小西まりえが今回挑むのは、この最も厳しい闘いが予想される王座のベルトだ。

武藤つぐみ プロレス動画
ベビーフェイス同士の対戦。赤色が小西まりえ、黒色が武藤つぐみ。

新人王の座に就き波に乗る小西まりえ。ここ一番の大技を武藤にお見舞いする

さらに切れ味を増した武藤つぐみの技に、小西は耐えられるのか!?

 

● 作品名:BATTLE エクストリームタイトルマッチ Volume.1
● 武藤つぐみ:155cm B87 W60 H85
● 小西まりえ:148cm B85 W58 H87
● メーカー:バトル
● 収録時間:73分
 

女子プロレス情報レビュー

 

BATTLE新人王の小西まりえが、第2代エクストリーム王者の武藤つぐみに挑戦状を叩きつける。可愛いベビーフェイス同士の対戦だが、内に秘めたS性を開花された激しい闘いが期待できるだろう。
正攻法プロレスとは全く対照的に、反則裁定無しの凶器攻撃も認められる過酷なルールこそがエクストリーム試合である。経験に劣る新人の小西まりえ選手にはキビしい条件の闘いになるかもしれない。しかし現在の王者はプロスタイル天才少女と謳われる武藤つぐみ選手がベルトを手にしている。エクストリームの舞台ではあるが、正攻法のみの闘いが繰り広げられる可能性の方が高いだろう。
しかし場合によっては、可愛いベビーフェイス同士だが、凶器を使った攻防もあるかもしれない。勝つ為ならば手段を選ばない。いざ苦境に立たされれば反則・凶器攻撃もあり得るだろう。どちらにせよ、負けられない二人の女子レスラーの闘いは激しいものになるに違いない。果たして勝利の女神はどちらに微笑むのだろうか?

 

 

BATTLEエクストリームトーナメント決勝戦
果たしてエクストリームの頂点に立つのはどちらだ!
ベビーフェイスの二人による決勝戦だが、下馬評では格闘センス、身体能力に勝る武藤つぐみの優勢が予想される。しかし非公式で行われた前哨戦では羽月希がやや優勢であった。また羽月はラフファイトや反則攻撃も身につけている。逆に正統派の武藤には過去にラフファイトの経験はない。試合が荒れれば羽月が優位である。更にこの試合は、あの悪徳レフェリーの阿部二郎が務める。彼の気まぐれジャッジで試合の展開は全く読めないだろう。果たしてトーナメント戦の頂点に立つのはどちらだ?

羽月希 プロレス
ピンク色のコスチュームが武藤つぐみ、赤い方は羽月希。
武藤つぐみプロレス
カラダを締め上げる相手の技を耐え抜く事が出来るか?
extremetournament-33
実力伯仲同士の激闘の末に勝利を果たすのはどちらだ?
extremetournament-34

 

● 作品名:BATTLEエクストリームトーナメント 決勝戦
● 羽月希:154cm B88 W60 H84
● 武藤つぐみ:155cm B87 W60 H85
● メーカー:バトル
● 収録時間:85分
 

女子プロレス情報レビュー

 

今日はいよいよタイトル王座を賭けた決勝戦である。全く好対照な背景を持つ二人の対戦となる今回のエクストリーム決勝戦が今始まる。
羽月希はデビュー戦こそ、恥辱のあまり実力を発揮できずにあっさりと敗北してしまったが、本戦では過去の屈辱をバネに勝利への執念も凄まじく、肉体的にも精神的にもタフネスさでは誰にも引けを取らない。窮地に追い込まれてもゾンビのようなスタミナで何度も立ち上がり、受けの美学を見せるど根性ファイターである。
一方の武藤つぐみは、お子ちゃまな雰囲気そのまま元気いっぱい躍動感あるレスリングスタイル。凄まじい打撃技を武器として、また卓越した身体能力を発揮して高度な関節技を決める。攻めのタイプのレスラーだが彼女もまたタフさには定評があり、驚異的に柔軟な身体を武器に逆転を演じてきた。

 

 

BATTLEエクストリームトーナメント 準決勝第二試合
BATTLEエクストリームトーナメント 準決勝第二試合
準決勝を迎えた第2回エクストリーム王座争奪トーナメント。素晴らしい格闘センスを持つ有望な新人レスラーたちが活躍する第二試合。ファイトスタイルは似ており実力伯仲。ベビーフェイス同士の対決だが、隠れたS性に目覚め激しいラフファイトも出来る、みおり舞がこの乱戦トーナメントでは有利に思える。しかし、天才少女と謳われる武藤つぐみも新たな可能性を見せるかもしれない。果たして勝つのはどちらだ?
みおり舞 プロレス
青コスチュームみおり舞。ピンクコスチューム武藤つぐみ。
武藤つぐみ プロレス
BATTLEの明日を担う新人ライバル同士が激闘を演じる。

 

● 作品名:BATTLEエクストリームトーナメント 準決勝第二試合
● みおり舞:160cm B81 W59 H88
● 武藤つぐみ:155cm B87 W60 H85
● メーカー:バトル
● 収録時間:80分
 

女子プロレス情報レビュー

 

武藤つぐみは、一回戦でセクシーお色気ムンムンお姉さん本庄優花と対戦。ドSな本庄のラフファイトに苦戦したが、その抜群のな身体能力の差で本庄を打ち破る。
その試合で本庄に触発されたのか、色っぽい大人の女性に憧れ、武藤つぐみもセクシーな女性を目指すらしい。デビュー戦では恥ずかしかったTバックのコスチュームを、今や自ら積極的に着用するようになるが、周囲からは”お子ちゃま”としか思われていない(汗
そして対戦するは、みおり舞。BATTLEがスカウトしてきた驚異の新人エリート女子レスラーである。その実力からデビュー戦がいきなりトーナメントという破格待遇。一回戦の河西あみ戦では反則攻撃に苦しめられるが、しかしその事が、みおり舞の闘争本能に火をつけ、内なるS性が発揮されることになる。みおり舞は正統派のイメージが濃いがラフファイトにも優れている事を証明していた。

 

 

BATTLEエクストリームトーナメント
フェロモン漂うアダルトなドS系ファイターVS彗星の如く現れた天才少女の対戦。
今回、初接触となる2人の対決は実に対照的である。正統派レスラーvsヒール寄りのサディスト。貧乳vs巨乳。あどけない少女vsアダルトな美熟女。両者ともに女子プロレス戦績は少なく評価は難しいものの、身体能力的には武藤つぐみが有利であろう。しかしリングは荒れるエクストリームトーナメント。であればラフファイト中心でヒール資質が見られる本庄優花が断然有利だ。己の得意とする土俵に相手を呼び込むことが勝利のカギだろう。
武藤つぐみ プロレス
若さいっぱい身体能力に優れたオレンジが武藤つぐみ。
本庄優花 プロレス
黒コスの本庄優花は大人の色気と狡猾さを漂わせる

 

● 作品名:BATTLEエクストリームトーナメント 第三試合
● 武藤つぐみ:155cm B87 W60 H85
● 本庄優花:157cm B86 W60 H87
● メーカー:バトル
● 収録時間:73分
 

女子プロレス情報レビュー

 

まずは本庄優花選手。アダルトな雰囲気を持つドSでエロティックなお姉さん、まさにSMの女王様のようなレスラーである。ラフファイトを中心に、挑発的に言葉でいたぶり、相手に屈辱を与えるような技を得意とする。ヒール適性を持った彼女は今回のトーナメントでは水を得た魚のように活躍することが期待されている。そして強いだけでは無く、本庄は美しく、そしてエロいのだ。美巨乳と抜群のプロポーションは、そのセクシーさでも我々を魅了してくれるであろう。
そして対戦相手は天才少女と名高い武藤つぐみ。デビューのMIX戦でTバックコスチュームを着用して勝利すればトーナメント出場という条件であった。武藤は、羞恥心もあったがTバックコスチュームを選択してリングへ上がり、見事に男子相手に勝利を収め、トーナメント出場を決めた。あどけない顔立ちとのんびりした印象とは裏腹に、リングに上がれば驚異的な運動能力と鋭い打撃技を武器にしてリングを舞う実力派ファイターである。

 

 

ホームPage 1 / 11