己の肉体だけを武器として戦いぬけ、正統派プロレス選手をエッチなレズファイターが翻弄する!まったく対照的な二人のレスラーが魅せる裸一貫の戦い。

 
◆動画掲載コメント
おっぱ丸見えトップレスファイトからは、これまで数々の名選手を輩出するという「名誉」と、嫌々ながら裸で戦わなければいけないという「悲劇」があった。そんな面白いトップレスファイトがトーナメントになった。第二試合には、お色気淫乱レズファイターの原千草が参戦する。彼女の場合は優勝が目的では無く、裸の選手とレズりたいという淫らな目的を持って張りきって参戦してきた。その対戦相手は、本人の意志に反して強制的にトップレスにされてしまった可哀想な中山理莉が対戦することとなった。
topless-tournament6
コスチュームなんていらない、己の肉体だけが武器だ!
topless-tournament7
ピンクのパンツが原千草、黒いパンツが中山理莉。
topless-tournament8
topless-tournament9

 


BATTLEトップレストーナメント一回戦第二試合

(アキバBV動画配信ページ)

●中山理莉:161cm B95 W65 H93
●原千草:164cm B90 W61 H88
●メーカー:バトル
●収録時間:78分

BATTLEが贈る新しいトーナメントは、トップレス!おっぱい丸出しトップレスは羞恥?強さの証?それともエロ?トーナメント一回戦第二試合はレズファイターvs悲劇のファイターの一戦。

プロレス格闘においては資質溢れる実力者の中山理莉選手であるが、トップレスという屈辱を味わいながら、さらに対戦するのは、最初から淫らなレズ目的で身体を触りにくる原千草選手。嫌々リングに上がる女子レスラーと、やる気満々レズレスラーの対戦だ。トップレスを恥ずかしがる中山は格好の餌食のようだが、自分を気持ち悪がりレズらせてくれない手強い相手なのだ。レズるためには格闘実力者の中山をまずはプロレスで打ち倒して這いつくばらせる必要がある。お互いの気持ちが対照的な二人の対戦の行方は果たして如何に?