この登龍門で人気・実力を上げてスターダムの栄光を掴め!
玉石混合のバトル女子プロマット界。人気・実力ともにトップクラスの優れた選手しか出場すること出来ない名誉あるバトル「B-1トーナメント」大会。その開催に先立って、数多くの選手が割拠するバトルではその中から選抜されるべき強者を見出さなければならない。決してAKB48のように人気投票だけで決めるわけにもいかず、各個人の実力不明な領域を実際に試合で確かめる必要性がある。まだ知らない原石が埋もれている可能性に注目し、バトルは本作品を立ち上げた。つまり、本作品は「B-1トーナメントへの第一関門」となる。
prostylebattle-41
黒いコスが音咲マナ、身長152cm B85 W61 H83、ピンクのコスが名取遥、身長156 B90 W59 H85
prostylebattle-42
紺色水着が大桃りさ、身長143cm B82 W55 H82、白いコスが日向美咲、身長156cm B90 W60 H86
prostylebattle-43
試合の中で非凡な才能の片鱗を魅せつけ、女子プロマット界に頭角を現せ!
prostylebattle-44

 


プロスタイルバトル登龍門 Vol.5

(アキバBV動画配信ページ)

● 第一試合:音咲マナ vs 名取遥
● 第二試合:大桃りさ vs 日向美咲
● メーカー:バトル
● 収録時間:54分

バトルの晴れ舞台「B-1トーナメント」へとのし上がる登龍門女子プロレスバトル。競馬で言えばGⅡ阪神大賞典か?(謎)、すべてはここから始まる。未来の栄光あるスターダムの階段を駆け上がる選手たちが4人集結する。

第一試合:音咲マナ vs 名取遥
まず注目の一試合目はバトル新人レスラー同士の対戦。新人ながら資質は高く自信満々の音咲に、足元をすくうと対抗心を燃やす名取。序盤は音咲が先手を打ち軽快に立ち回るが、名取もすぐに持ち直し反撃に出る。お互いに相手の得意技をかけることで屈辱を味わわせる。一進一退だったが、隙を見せた音咲がダウンさせられ大ピンチに追い込まれる!

第二試合:大桃りさ vs 日向美咲
二試合目はバトル対FG戦。お互い看板を守るためにどうしても負けられない対決である。小柄で子供のような外見の大桃だが、運動能力の高さを発揮し、ボディプレスなどをアクロバティックに決めてリング狭しと暴れ回る。一方の日向は大桃を軽々と持ち上げるパワー技とキツい関節技の正統派プロレススタイルでじわじわと相手を弱らせていく。手に汗握る白熱の接戦が繰り広げられる。